焼きミョウバンとは何か?

みょうばん水|焼きミョウバン

焼きミョウバンとは何か?使い方をご紹介します。

 

焼きミョウバンとは、一言で言うと透明な結晶のままの生ミョウバンを加熱処理したものです。

 

生ミョウバンに含まれている水分が、加熱することで飛ばされているのが特徴です。
ミョウバンは、正確には硫化アルミニウムカリウムと言い、化学的に合成された物質であることがほとんどです。

 

焼きミョウバンの使い方としては、ひとつにはナスや黒豆などを煮る際に、その色が落ちるのを防ぐために使用されることがあります。

 

そしてもうひとつの使い方としては、粉状のこれを水などで溶かして、スプレーとして使用すると言う方法が挙げられます。

 

ミョウバンは、それ自体は非常に酸性の性質を持っているため、水で希釈することで人体などにも安心して使用できると言うわけです。
その効果としては、まずは制汗作用が挙げられます。これは肌を引き締めたりする収れん作用があるためです。

 

また酸性であることから、汗をかいて雑菌が繁殖しやすくなっている、ひいては臭いが発生しやすくなっているアルカリ性の肌を酸性に戻し、臭いを緩和する作用も期待できます。
ですから汗の量が気になる場合や、そのことによって臭いが気になる場合には、とても頼りになる存在です。

 

そして殺菌作用もありますから、雑菌がわきやすい靴や衣類、また空気中にスプレーすることも適しています。
入浴の際に、入浴剤として使用するのも良いです。

 

みょうばんスプレーヌーラ

 

ミョウバン水|ワキガ・足の臭いを消す