脇の臭いは手術で完璧に治せるのか?

みょうばんスプレーヌーラ

 

現在病院で行われている脇の臭いを治療する手術として一般的なものは、剪除法です。
これは、反転剪除法や直視下剥離法と呼ばれることもあります。この手術は、医師が腋臭症と診断した場合、健康保険が適用されるので、比較的安価に受けることができます。

 

手術では、脇に数センチのメスを入れ、皮膚の下にあるアポクリン腺を医師が目で確認しながら、ひとつひとつ切除します。アポクリン腺は、脇の下で発達している汗腺で、ここから分泌される汗が常在菌に分解されることで、いやな臭いを発すると考えられています。

 

ですので、臭いのもととなるものをすべて取り除くことができれば、完璧に治せるので、根本的な治療になります。局所麻酔をして行い、1時間ほどで終了します。

 

入院や通院も必要ないので、手軽に受けることができます。しかしながら、すべてを除去するためには、医師の高度な技術と経験が必要になります。

 

そのため、再発するリスクがないとは言えません。実際、術後、「完治していない」「再発した」と訴える患者さんも多くいます。
また、メスを入れるため、傷跡が残りやすく、女性はノースリーブの洋服を着にくくなります。さらに、炎症が起こり、色素沈着の症状が起こる可能性もあります。
このように、デメリットもありますが、高い技術力を備えた医師と出会うことができば、脇の臭いの悩みから解放されるので、有効な方法と言えるでしょう。

 

みょうばんスプレーヌーラ

 

ミョウバン水|ワキガ・足の臭いを消す